1/5

のらぼう菜 300gx3袋 江戸東京野菜 クセのない 食感が良い 東京都産

¥1,560 税込

SOLD OUT

別途送料がかかります。送料を確認する

「のらぼう菜」は西洋アブラ菜の系統とされ菜の花の一種で、江戸時代にオランダ船が持ち込んだと言われています。
江戸中期には闍婆(ジャバ)菜と呼ばれ、江戸幕府直轄の野菜として飢饉から民を救ったという記録があるそうです。。

非常に強い生育力があり、穂先から30cm程の所までが食用として適していると言われてきました。
茹でて食べるのが一番美味しく、普通の菜の花に比べると苦みがなく食べやすく、茎の部分はほんのり甘味がありアスパラガスのようなコリッとした歯触りが感じられます。

主に東京郊外や埼玉県あたりで生産されていることが多い江戸東京を中心とした野菜です。
出荷期間:2月下旬〜5月上旬
生産地:東京都
内容量:300g程度x3袋

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (103)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,560 税込

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品